蒼の三国志攻略 武将について

蒼の三国志に登場する武将には、攻撃力、知力、HP、移動、コストといったステータスが設定されています。
蒼の三国志を攻略するためには、これらのステータスの意味をしっかり理解して、戦術にあった編成をしましょう!

 

レアリティについて

武将には、レアリティが設定されており、レアリティが高いほど能力が優秀で強力な武将です。
N武将はノーマル武将、R武将はレア武将、SR武将はスーパーレア武将と言い、SR武将が最高レアリティの武将です。

 

奥義について

奥義とは、武将が使える技のことです。
奥義の強さによって必要な奥義ポイントが異なっており、R武将なら5、SR武将なら8です。奥義ポイントは、戦中の画面右に表示されていて、時間経過でどんどん貯まっていきます。

 

奥義は戦況を一変させることが出来る切り札です。
使いどころと、使う相手を見極めて戦に勝利しましょう!

 

総大将奥義について

一部の武将の中には、奥義だけではなく総大将奥義を持っている武将がいます。
総大将奥義を持っている武将を自軍の総大将に配置することで、同編成内の武将全てにステータスアップや戦に有利な効果が発揮されます。

 

SR武将でも、この総大将奥義は持っていない場合が多く、総大将奥義を持っている武将はとても貴重な武将です。

 

攻撃力について

攻撃力は、相手に与えるダメージに直接関係します。
武将の攻撃力が、国の施設や総大将奥義の効果でさらに上昇します。

 

知力について

知力は奥義のダメージに関係します。
知力が高ければ高いほど、奥義の威力が大きくなります。

 

しかし、知力が高い武将に常に奥義を使わせるのではなく、相性に良い得意な相手に奥義は使うようにしましょう!
それほど兵種はダメージに大きな影響を与えます。

 

知力も国の施設や総大将奥義の効果で数値が上昇します。

 

HPについて

HPは耐久力です。HPが0になると戦からその武将は撤退します。
撤退した場合、次の戦までその武将は復帰出来ません。

 

攻撃力、知力と同様に国の施設や総大将奥義でステータスが上昇します。

 

移動について

移動の数値は、戦中の移動速度を表します。
基本的に騎部隊がこの移動の数値は高いのですが、SR武将とR武将騎部隊だと、同じ数値のこともあります。

 

単騎特攻後に自軍に回復に戻るときは、不利な戦況を立て直すためには、この移動の数値が高くないと難しいです。
そのため、おすすめ部隊では移動の数値が優れた騎部隊をおすすめしています!

 

コストについて

武将によって設定されているコストが異なります。
N武将は5から8程度ですが、R武将は10から15、SR武将は16です。

 

自分の国に建設した城や宮殿のレベルによって、編成出来る総コストが変わってきます。
全てSR武将で編成するためには、総コストを96まで上げなければいけません。

 

そのために必要な国力は、だいたい40から50です。10の幅がある理由は、どれだけ宮殿の施設レベルを上げれるかによって大きく変わってくるからです。

 

宮殿の施設レベルを上げるためには、かなりの資材が必要です。
高レベルになると、レベルを1つ上げるのに、何十万という資材が必要になってきます。

 

武将の所持数について

武将は50体まで所持することができ、所持している武将は武将一覧で確認出来ます。
上限の50体を超えてしまった場合は、武将は売却するかパワーアップ合成の素材として使わなければいけません。

 

この上限の50体というのは、龍玉を使うことで増やすことが出来ます。
龍玉は、裏技を使うことで簡単に手に入りますので、そちらを利用して武将の上限所持数を拡大しましょう!