蒼の三国志攻略 城と宮殿

蒼の三国志攻略で大事なのものの1つが武将編成の総コストです。
武将の編成は、この総コスト以内にしなければなりません。

 

その総コストの上限を上げるために必要なのが国の施設が城を宮殿です。
この2つのレベルを上げることで、総コストの上限が上げるだけでなく、国力が大幅にアップします!
国力が上がることで空き地や建設できる施設の種類が増えるので、最優先でレベルを上げたい施設が城と宮殿です。

 

城と宮殿は高級施設

城と宮殿は、戦に勝利するために最重要とも言える総コストを上げることが出来ます。
その重要性から、他の施設と比べると、かなり大量の金と資材を使わなければいけません。

 

城のレベルアップには大量の金を使い、宮殿のレベルアップには大量の資材を使います。
城はレベル55を超えてくると10万以上の金が必要になります。
宮殿はレベル10を越えるだけでレベルアップに必要な資材は10万を超えます。それ以降もレベルアップするごとに一気に必要な資材の量が増えます。

 

1回の決戦で毎回10000の金と資材を獲得しても、城と宮殿はレベルを1上げるためだけに何十回も決戦に勝利しないといけません。
金と資材だけは、裏技を使ってどれだけ龍玉を持っていても簡単には手に入りません。飯を龍玉で回復させて、決戦に勝利しましょう!

 

武将編成を、全てSR武将にするためいは、総コストを最低でも96にしなければいけません。
コストは元々10ありますので、城と宮殿のレベルを合計86まで上げることが出来れば、オールSR武将編成が出来ます!
しかし、SR武将にはコスト20や21の武将もいます。その武将たちで編成したいときは、総コストを121まで上げなければいけません。

 

そのためには途方もない金と資材を使いますので、効率よく決戦で勝利するようにしましょう!