蒼の三国志攻略 決戦の初級おすすめ陣配置

蒼の三国志の決戦で勝つためには、陣の配置をしっかり練らなければいけません。
陣の配置は戦術によって変える必要がありますが、どんな相手でも、どんな戦術でも対応出来る陣の配置の仕方を紹介します!

 

決戦で勝つための戦術や対策については、蒼の三国志攻略の戦術で詳しく解説していますので、そちらをご覧下さい。

 

騎部隊を中心に陣を作りましょう!

いろんなページで紹介していますが、蒼の三国志は騎部隊がかなり強いです。
その理由は、騎部隊は移動速度が速いため多くの戦況に対応出来るからです。つまり、どんな戦術にも使えるということでもありますので、騎部隊を中心とした陣を作ることをおすすめします!
騎部隊をおすすめするもっと詳しい解説は、おすすめ部隊をご覧下さい。

 

おすすめの陣配置

まずは本陣の位置です。
画面端に設置しましょう。その理由は、攻め込まれる方向を減らすためです。
中央付近に配置していると、敵は上から左右の180度から攻めてくることが出来ます。しかし、画面端に陣を配置することで、上か左右どちらかまでの90度からしか攻撃出来なくなります。
これは相手が攻め込んできたときにとても対処しやすくなりますので、陣は画面端に設置することがおすすめです!

 

おすすめの武将の配置

陣を配置したら、次は武将です。
陣の前方の少し離れたところに3部隊配置しましょう。

 

配置する部隊は、騎部隊、槍部隊、騎部隊の並びにしましょう。もしくは、騎部隊、騎部隊、騎部隊です。
その3部隊の後方に、弓部隊と槍部隊を配置します。
この並びにすることで、決戦の戦術で紹介している全ての戦術が出来ますし、相手にやられた場合の対応も出来ます!

 

上級者向けおすすめ陣配置

蒼の三国志をやり込んでいて、SR武将も複数人持っているという上級者向けのおすすめ陣配置も紹介しています!
詳細は、上級おすすめ陣配置をご覧ください!